【離婚・男女問題】 大阪弁護士会 中尾慎吾 公式ブログ- WorldPress- 【その他法律相談】

大阪で離婚調停・離婚訴訟・男女問題・詐欺被害回復・刑事弁護・顧問業務・法律相談・債権回収・交通事故などを取り扱う弁護士によるブログです

(個人向け)離婚、詐欺被害回復、不倫(浮気)問題、男女問題、捜査(逮捕)弁護、金銭問題、交通事故、債権回収。(事業者向け)顧問業務、労務管理、債権回収。相談料30分5000円~、顧問料月5万円~(税別)。

電子機器の持ち込み

地方裁判所の期日においては、パソコンやタブレットの持ち込みを咎められたことは一度もありません。

家庭裁判所の調停期日においても、それらの使用を咎められたことは一度もありません。

もっとも、裁判所によっては、パソコン等の使用を禁止するところもあるようです。特に、弁護士ではなく当事者本人が使用する場合に、神経質になるようです。

情報漏洩を気にするというのはもっともな姿勢ですが、スケジュール管理や文書管理は着実にデジタルへと移行しています。紙でメモをとることも出来るでしょうが、効率化という点からすれば、あまり好ましくないとも言えます。

私の場合にはパソコンで期日管理もしておりますので、パソコンの使用を禁止されてしまうと、非常に困ります。

裁判所における電子機器の使用は、今後、さらに議論がなされそうなテーマだと考えています。

 

弁護士は最強のコンサルタントである

中尾慎吾